TRPG始めました

経緯

子供の頃にTRPG(ガープス)の存在を知り、各種ルルブやリプレイ本を読み漁っておりました。
セッションを行いたかったのですが、一緒にやる相手がみつからないまま大人に。
PBW「シルバーレイン」「エンドブレイカー」「サイキックハーツ」に参加していたこともあり、TRPGをやりたい気持ちは募るばかり。

年末年始の帰省の際に、移動時間で読むために「艦これRPGリプレイ-願いは海を越えて」を購入しました。
PCは瑞鳳ですよ瑞鳳。しかもPLさんは瑞鳳の中の人。

 艦これRPGが出始めた頃にも興味はあったのですが
「どうせセッション相手いないし・・・」
とイジケて腐れておりました。
とりあえずルルブだけでも、と着任の書を購入したのが1月半ば。

休日の確約がとれない都合上、キャンペーン参加が難しい身の上。
単発セッションないかなと探していた折に、オンセの募集サイトと「どどんとふ」の存在を知りました。
日程が合いそうなセッションの募集がありましたので、ドキドキしながら「艦これRPG」のセッションに参加しました。

リアルタイムのやりとり

PBWでは主に掲示板でのやりとりが基本でしたが、TRPGはやりとりがリアルタイム。
ルールがまだ完全に頭にはいっていなかったこともあり、状況判断であたふたしながらの参加となりました。
参加したセッションのGM様を筆頭に、同じセッションに参加されていたPL様達にサポートして頂きながら無事にセッションを終える事ができました。
この行動でいいのか?こんなキャラでいいのか?等といっぱいいっぱいでしたが、始終楽しく参加することができました。
サポートして頂いた参加者の方々に、ひたすら感謝です。

現在プレイしたPCは、どうしても使ってみたかった「瑞鳳」と、「卯月」です。
どちらも、それぞれキャラが違って楽しくプレイさせて頂きました。

ただ、私が女性キャラをロールすると(PBWの頃からそうですが)
「!」が多めの元気キャラになりがちでした。
あれ、瑞鳳ってこんなにテンション高かったっけ?等と思いながら。
今後は、いろんな性格の子をやってみたいですね。

来月頭に、「永い後日談のネクロニカ」にも参加させていただく予定です。
こちらも世界観が面白そうですので、当日を楽しみにルルブを読んでいるところ。

オンセだと時間が多少かかるかわりに、夜の参加がしやすそうですので、今後色々なところに参加できればなとワクワクしています。

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。