【蜂蜜酒】プウトラク・ヤドヴィガを購入!!

・・・できませんでした!(絶望

先日、都内のバーでプウトラク・ヤドヴィガを試飲してきました。
前回、値段が高すぎて及び腰になり購入しなかった蜂蜜酒です。


チョーサーミードは蜂蜜の琥珀色でしたが、ヤドヴィガはワインのような紫色でした。
ブレンドされているラズベリー等の色でしょうか。

ロックで提供して頂きましたが、氷が溶ける前に飲むと物凄くドロっと濃厚。
口の中全体に甘い香りが漂います。
お酒の味の違いがわかるほど良い舌はしていませんが、飲んでみて素直に美味しいと言える味です。
カクテル等では味わえない不思議な感覚。 

これなら5000円払って買っても良いかなと思い、諭吉さんを握りしめて再び伊勢丹へ。
しかし、前回見かけた売り場にヤドヴィガ様は鎮座しておられず。
店員さんに確認すると「12本限定でございました」との事。
ちなみに、取り寄せの場合は6本からとの事。
諭吉さん3枚とか無理です・・・っ。

前回買っていればと後悔しつつ、目白の田中屋さんへ。
田中屋さん、お酒好きなかたには聖地のような品揃えのお店らしいのですが、電話等の問い合わせは一切やってないとのことで、HPに電話番号の記載すらありませんでした。
お店に行くまであるかどうかもわかりません。 

祈りながら山手線で移動し、店員さんに訪ねてみましたが残念ながらありませんでした。
クォ・ヴァディス。神は何処。

手ぶらで帰るのも悔しかったので(この思考が駄目なんですが)、他に飲んでみたかったドゥヴイニャク・スタロポルスキを購入して帰りました。 

水と蜂蜜の割合で、ヤドヴィガが特濃、スタロポルスキは中濃との事ですが、スタロポルスキも十分に蜂蜜が濃厚で美味しく頂けました。

入れ物は陶器製?でずっしりと重量感があります。
持って帰る時に、割らないようにかなり注意しながら移動をしていました。
ガラスに比べて陶器は怖いです。

しかし、お店のお兄さんは普通のビニールにいれて渡してくれたので、もしかしたら丈夫なのかもしれませんが。
隣でワインを購入していたかたの瓶は、しっかり包装して渡していたので扱いに腑に落ちないものがありましたが。
値段か。値段の差か。 
きっと何万もするワインだったんだと思うことにします。
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。