100億ドルの夜景【皿倉山】

三が日も終わりの日になりましたが、
あけましておめでとうございます。

帰省間際に仕事で色々とありましたが、
予定通りに旧年の28日に北九州に帰省することができました。

昨年デジ一を購入してから、ずっと撮影に行きたかった夜景。
新日本三大夜景の一選「100億ドルの夜景」。
私の地元の皿倉山の頂上から望む夜景を撮りに行ってきました。

元々一人で登る予定でしたが、父親が同行してくれるとのことでしたので
案内してもらいながら山頂へ。

皿倉山に登るのはもう数年ぶりでしたが、
記憶にあった風景を塗り替えてくれる煌めきでした。
遠目に多少霧がかかってはいましたが、天候には恵まれ
北九州市、中間の夜景を一望することができました。

IMGP3498
【若松方面】

IMGP3497
【中間方面】

カメラで撮ったRAW画像の編集ソフトがありませんので、
東京に戻ったらもう一度現像しなおしですね。
Picasaでとりあえず現像しましたが、設定が悪いのか画像が小さめです。

北九州に来てくれた人には、是非見てもらいたい地元の自慢の夜景です。


くだりはケーブルカーと、新しくできたらしいスロープカーで下りました。
昔は9合目まではもともとケーブルカーがあったのですが、
そこからは徒歩、もしくはリフトで頂上まで登るようになっていました。
リフトはスキー場にあるあれです。
下が見えて、かなりぞくぞくした覚えがあります。

そのリフトがスロープカーに新しく変わっており、
夜景を見ながら下れるようになっていました。

IMGP0656-001
【帆柱ケーブルカー入り口】

IMGP0654
【帆柱ケーブルカー】

ケーブルカーも新しい車体になっていたようで、外見も綺麗になっていました。

100万(人)都市を謳っていた北九州市ですが、
多の都市と同様人口減少の一途を辿っていますが。
まだ街にこれだけの明りが灯っている事に安堵しました。

地元にまだまだこの活気が続くよう、祈るばかりです。
東京に就職した私が言うのもなんですが(苦笑


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。