檜原村:払沢の滝

先日、予定通り払沢の滝をスタートでトレッキングに行って来ました。
雨の予報でしたが、朝からの好天気に恵まれてのスタートです。

本当は写真整理を帰ってから行うつもりでしたが、
銭湯に入って、家に戻ってカメラの清掃を行った時点で疲れて寝てしまいました。
一度寝転がると、眠気と疲れには抗えませんね。

降りるバス停を間違えて本宿役場前にて下車。
少し歩くと、綺麗な沢が橋の下にありました。
長時間の露光撮影は始めてですので、
滝に行く前に練習をと三脚を立てて写真をぱちりと。

露光時間を伸ばそうと思うと、日中の光の量がおもったよりきつく
あっという間に真っ白な写真になってしまいますね。
露光時間や絞り、露出補正を調整しながら何度もシャッターを切りました。
試行錯誤のすえ、なんとなくそれっぽい写真は撮れた気がします。
本当に買っててよかったPLフィルター。

水不足に悩む福岡県民としては、
街中ですらこれだけの水量を誇る関東が羨ましい限りです。
テレビや写真で観る渓谷とか大好きです。

沢1
【本宿役場前】
(PENTAX/K-30/smc PENTAX-DA L 18-55mmF3.5-5.6AL)

沢2
【本宿役場前】
(PENTAX/K-30/smc PENTAX-DA L 18-55mmF3.5-5.6AL)


そこから15分ほど歩き、本来降りる予定だった払沢の滝前バス停へ。
バス停のすぐ横に、道祖神の祠がありました。
旅の無事を祈り、軽くお参りを。

道中
【払沢の滝前バス停より出発】
(PENTAX/K-30/smc PENTAX-DA L 18-55mmF3.5-5.6AL)

道中、木造の家屋等がありましたのでシャッターをぱちりぱちりと。
人様のお宅ですので、ブログには掲載いたしませんが。
実家の田舎町もそうですが、周りに緑が見える家は落ち着きますね。

ハイキングコースをスタートし少し進むと、何故か郵便局が。
もう少し下の方に立地すればいいのにと思いつつも、
周囲に溶け込んだ佇まいでした。

郵便局
【郵便局】
(PENTAX/K-30/smc PENTAX-DA L 18-55mmF3.5-5.6AL)

郵便局2
【郵便局】
(PENTAX/K-30/smc PENTAX-DA L 18-55mmF3.5-5.6AL)

沢を見下ろす道を歩き、払沢の滝を目指しました。
当日は熱いぐらいの晴天でしたが、沢沿いの道は木陰に入っていた事と
沢の涼気で汗をかかないぐらいに快適な道中でした。

15分程歩いて、払沢の滝の滝壺に到着。
今日は水量が少ないようでしたが、下から見上げると見事な瀑布でした。
実物を見ると、やはり自然の力に感動します。

早めの時間に行きましたので、周囲にはまだ誰もいませんでした。
これ幸いと、三脚を立ててシャッターをぱちりぱちりと。
人がいるとどうしても遠慮してしまいますので、始発で早めにいってよかった。

その後は一度引き返し、天狗滝、綾滝、つづら岩、鶴脚山、馬頭刈尾根と歩き通して
帰路に付きました。

今回の心残りは、道を間違えたせいで大岳鍾乳洞が見れなかったことでしょうか。
もしも休みが取れたら、紅葉の時期にまた来てみたいですね。
その時こそは鍾乳洞も・・・っ。

以下、当日撮影の写真を。

道中2
【蔦植物】
(PENTAX/K-30/smc PENTAX-DA L 18-55mmF3.5-5.6AL)

水面
【アーチ】
(PENTAX/K-30/smc PENTAX-DA L 18-55mmF3.5-5.6AL)

花
【花】
(PENTAX/K-30/smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR)

払沢の滝
【払沢の滝】
(PENTAX/K-30/smc PENTAX-DA L 18-55mmF3.5-5.6AL)

払沢の滝2
【払沢の滝】
(PENTAX/K-30/smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR)

3秒
【払沢の滝】
(PENTAX/K-30/smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR)
シャッタースピード:1″
この写真から、シャッタースピードを変えて撮影。印象が随分と変わりますね。
私の腕では1/1600が限界でした。これ以上早くすると光量が足りずに写真が真っ黒に。

1/30
【払沢の滝】
(PENTAX/K-30/smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR)
シャッタースピード:1/100

1/100
【払沢の滝】
(PENTAX/K-30/smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR)
シャッタースピード:1/100

1/1600
【払沢の滝】
(PENTAX/K-30/smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR)
シャッタースピード:1/1600

沢2
【沢と木の葉】
(PENTAX/K-30/smc PENTAX-DA L 18-55mmF3.5-5.6AL)

払沢の滝裏
【払沢の滝下流】
(PENTAX/K-30/smc PENTAX-DA L 18-55mmF3.5-5.6AL)

小天狗滝
【小天狗滝】
(PENTAX/K-30/smc PENTAX-DA L 18-55mmF3.5-5.6AL)

天狗滝
【天狗滝】
(PENTAX/K-30/smc PENTAX-DA L 18-55mmF3.5-5.6AL)

ウツギの花弁
【ウツギの花びら】
(PENTAX/K-30/smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR)

ウツギ3
【ウツギの花】
(PENTAX/K-30/smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR)
山の中の至る所で、綺麗な白い花を咲かせていました。

悪路開始
【この先、道悪し】
(PENTAX/K-30/smc PENTAX-DA L 18-55mmF3.5-5.6AL)
天狗岩から先の道は、だんだんと獣道に近いコースになっていました。
「これ道じゃないから・・・」ってところもちらほらと。

綾滝
【綾滝】
(PENTAX/K-30/smc PENTAX-DA L 18-55mmF3.5-5.6AL)
同じ場所でお昼をとった、仲の良さそうな老夫妻に色々とお話を聞かせて頂きました。
本当は、もっと滝壺を叩きつけるぐらいに水量が多いそうです。
全体的に、今日はどこの滝も水量が少なかったようでした。
水量が多い時も見てみたいですね。

綾滝2
【綾滝】
(PENTAX/K-30/smc PENTAX-DA L 18-55mmF3.5-5.6AL)

展望台
【見晴台】
(PENTAX/K-30/smc PENTAX-DA L 18-55mmF3.5-5.6AL)
馬頭刈山に向かう道中、視界が開けた場所が一箇所ありましたので
そこよりの写真です。
写真を撮っていると、私と反対方向からきた登山者の方が話しかけてくれました。
最近は杉の木が増えてきて、こういった視界の開けた場所が少なくなってきたそうです。
ガスがなければ、富士山が見えるそうです。

菖蒲
【菖蒲】
(PENTAX/K-30/smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR)
下山し、帰りのバス停を目指していた途中に見つけた菖蒲の花。
6月にはいれば菖蒲の季節ですね。そちらも花祭りにいってみたいなと。

イトトンボ?
【イトトンボ?】
(PENTAX/K-30/smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR)
菖蒲の花を撮って、車道に上がった所でガードレールの上にトンボが止まっていました。
ちょうど今はマクロレンズがカメラについている、とカメラを構えてゆっくりゆっくり近づきました。
周りにもし人がいたら、何をやってるんだって感じの絵面でしたが(笑
さすがのマクロレンズ、羽の模様もくっきりと撮してくれました。

LX7
【綾滝】
(Panasonic/DMC-LX7)
せっかくですので、コンデジのLX7でも同じ角度で写真を撮ってみました。

LX7-2
【綾滝】
(Panasonic/DMC-LX7)

LX7-3
【見晴台】
(Panasonic/DMC-LX7)
広角レンズをもっていないせいもあり、広角側はLX7はさすがに広いですね。
16:4の撮影で一眼よりも広い撮影ができました。
ってあれ、もしかして右上にみえてるのってもしかして富士山ですかね。
うああ気づかなかった・・・っ。

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。