USB-DAC・ヘッドホンアンプの導入

PCを弄るのが好きな管理人ではありますが、
PCの中身を弄り初めて二十数年。

サウンドボード、というか音源関係のハードは
まったく弄ったことがありませんでした。

お金をかけて弄るのはCPUやメモリ、
グラボやM/B、HDD等が中心です。

ヘッドフォンは少し良い物を使っていますが、
音源に関してはオンボードでいいやぐらいの気持ちでした。

最近、USB-DACの記事をちらほらと見かけるようになりました。
ある程度のPC環境が整い、高いパーツを買ったところで
伸び代が短くなってきた昨今。

少しは音源にお金を回してもいいかなぁと思っていた事と重なり、
DAC内蔵ポータブルヘッドホンアンプを購入してみました。

iBassoAudio
『D2+Hj Boa』
IMAG0070 - コピー

金額はヨドバシカメラで1万6千円程。

家に帰りさっそくセッティングして視聴。
多少音が変わればいいなぁぐらいに思っていたのですが。

世界が変わりました。
今までPCで聞いていた音は何だったのかというぐらいに、
今まで聞こえていなかった音が耳に入ってきます。

こんなにかわるのなら、もっと早くに導入していれば良かったと後悔するぐらいに。
Youtubeを切って、今はiTunesに取り込んだCDをローテーションしながら
この記事を書いています。

『音を聴くのが楽しい』と思ったのは久しぶりかもしれません。

iPod用に、もっと小さなヘッドホンアンプも一緒に購入しました。

FiiO
『E1』

こちらは3千円とお手頃なお値段。
こうなると、もっと良いヘッドホンが欲しくなったりと。
音の世界は怖いですね。

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。