民官一致

 官の人間には庶民感覚がわからないとよく言われる。


 最近では、庶民感覚のわからない人間の代表として安部晋三氏が挙げられる。


 幼少の頃から裕福な家庭で生活をしており、そのままエリートコースを進んでいるのであればなかなか理解できるものではないのであろう。


 いわゆる低所得の国民を救済するための政治を行うと公約を掲げつつも、国民というよりは企業よりの政策に終始していたかんがある。



 国民(市民等)は、ただ黙って見ているだけではなく、行政に対して自分たちの要望を伝えていかなければならない。


 また、国(行政)は国民がどのような事を望んでいるかをしっかりと捉え、国民と国が協力してより良い生活を目指すことが、理想の民主国家である。


 


 が、現在のところ民官の距離には大きな隔たりがあるといえる。


 不祥事や強行採決など、国民が不信感を抱くようなことが続いていることも大きな要因ではなかろうか。



 私個人としても、あまり良い感情を抱いているわけではない。



 先ほどヤフーにてこのような記事を閲覧した。


 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070829-00000072-zdn_n-sci


 Wikipediaを編集した組織や企業が分かるツール「WikiScanner」の日本語版がこのほど登場した。これを利用して行政機関からの編集について調べてみると、総務省や文部科学省、宮内庁などから、行政に関わる内容からエンターテインメント関連まで、さまざまな内容について編集があったことが判明。行政に批判的な内容を削除する編集も見つかった。

【詳細画像】

 WikiScannerは、IPアドレスを入力すれば、そのIPから編集された内容を一覧表示できるツール。IPアドレスと組織名を対応させる仕組みも備えており、特定の組織が編集した記事や内容を確認できる。英語版はすでに公開されていたが、今回新たに、日本のWikipedia内を検索できる日本語版が登場した。

 省庁のIPアドレスで調べてみると多くの編集が見つかる。例えば総務省からは、「電子投票」の項目が10回以上編集され、電子投票のセキュリティーに関する内容が書き換えられているほか、「水曜どうでしょうの企画」を詳細に説明する書き込みや、シミュレーションゲーム「蒼き狼と白き牝鹿」に関する書き込みもあった。

 文科省のIPからは、本間正明・元政府税制調査会会長に関するスキャンダルが削除されていたり、「コミュニティ・スクール」の項目で、文科省自身が作成したWebサイトについて「かなり充実している」と自画自賛も。

 厚生労働省からは「薬物」などの項目で編集があったほか、アダルトゲーム「ななついろ★ドロップス」の項目で解説も書き加えられていた。宮内庁は、天皇陵や歴史関連の書き込みを編集しており、宮内庁に関連する疑惑の指摘を削除した跡も見つかった。農林水産省からは、ガンダム関連で大量の書き込みがあった。

 WikiScanner日本語版トップページには、ソニー、ライブドア、東京大学などからの書き込みをワンクリックで確認できるリンクを掲載しているほか、プルダウンメニューには、ローマ字表記で企業・団体名一覧を表示。さまざまな企業や団体の内部から、いつ、どのような書き込みがあったかを確認できる。

 ちなみにWikipediaはガイドラインで「自分のことについては他の利用者に執筆を任せるのが望ましい」としており、ユーザー自身が関わる記事についての編集を避けるよう呼びかけている。
(Yahoo!ニュースより転載)



 この記事で真っ先に目に入ってきたもの。


 「「ななついろ☆ドロップス」の項目で解説も~」



 ・・・・・なんだか官公庁の人間が身近に感じられた瞬間でした。


 仕事の時間になにやってるんだとか、公的な記事に関しての意図的な書き換えなどいろいろつっこみたい部分は他にもあるのですが、庶民感覚(?)のわかる人もいるようですので一安心。


 こんなことで安心してる人間がいるから日本がダメになるんだとか言うつっこみはなしでお願いします。


 すみません、石投げないでください。


4件のコメント

  1. 落ちが・・・・・・・w
    超まじめな記事思ってたらこれかよ!!
    石投げてやる。ソラッ( ゚Д゚)ノ・・・

  2. 官庁との考え方の隔たりは、視点・立場等の違いからある程度は仕方ないと思っています。
    そこで不祥事等に向かうのは問題あると思いますが、逆に言えばそういった不祥事がばれやすく話が大きくなりやすい立場なだけかもですね。
    改竄等に関しましては、昔から規制やらの方法で与える情報を選別してような政府ですし情報操作にいたってはマスコミの手が入ってる現在ですしね・・・
    しかしそういったゲームしている人ってどこにでもいるのでしょうね・・・

  3. >じく
     落ちがない記事なんてかけるものか!ヾ(*`Д´*)ノ”
    >じしょ
     情報の選択は難しい。どれが正しい情報なのかそうでないのか、見極めるための視点をもたないといけない時代です。
     私は単純なのでなんでもほいほい信じますが(ノ∀`)
    >おぼつかさん
     基本的にネタ作りはオチから前振り考えるなぁ。
     逆に前からオチをつくれないという難儀な思考回路・・・OTZ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。