冥王星が惑星からはずれて・・・・

 水金地火木土天海冥で学生の頃に覚えさせられていた、太陽系の9惑星。


 そのうち、最も太陽から遠くにある冥王星が惑星の定義からはずれることになりました。


 はずされた理由である「軌道周辺で、圧倒的に支配的な天体に該当しない」というのは私にはよくわかりませんが、認知率が大きい星であったため、はずされたことがなんとなく残念です。


 惑星の定義からはずされただけであって、星がなくなったわけではないのですが。


 


 技術の進歩により、新しい天体が次々とみつかったことが、「惑星とは何か」という議論を生み出したようです。


 私としては残念な一方、こういった新しい論議が生まれると言うことは非常にすばらしいことだと思います。


<太陽系惑星>冥王星を除外 最終案を賛成多数で IAU

 【プラハ会川晴之】チェコのプラハで総会を開いている国際天文学連合(IAU)は最終日の24日、全体会議で惑星の定義案を議決し、冥王星を惑星から外す最終案を賛成多数で採択した。これにより、太陽系の惑星数は現在の9個から8個となる。全体会議に出席した約1000人の科学者全員が投票し、歴史的問題の決着を図った。
 可決された定義は、太陽系惑星を(1)自らの重力で球状となる(2)太陽を周回する(3)軌道周辺で、圧倒的に支配的な天体――と定義した。水星から海王星までの八つが惑星となる。軌道周辺に同規模の天体があり、3番目の条件を満たさない冥王星は、惑星から外れた。
 冥王星を惑星として存続させる主張も根強く、水星から海王星までの八つを「古典的惑星」とする一方、自らの重力で球状となるが、軌道周辺で圧倒的ではない天体を惑星の一種の「矮惑星」と位置づけることで、冥王星を惑星の地位にとどめる対案も提出されたが、否決された。
 また、惑星の定義案とは別に(1)冥王星を海王星以遠にある天体群の典型例と位置づける(2)その新天体群の名称を「冥王星系天体」と呼ぶ――の2案も合わせて採決した。
 観測技術の進歩で冥王星周辺で新天体の発見が相次ぎ、「惑星とは何か」を巡る議論が盛んになったため、IAUは2年前に惑星の定義づくりを始めた。惑星を専門とする天文学者には最終案支持が多かったが、冥王星の社会的認知度を重視する人々など、他分野の専門家にはさまざまな見解があり、複数の案を提示して決着を図った。

(毎日新聞) – 8月24日22時49分更新


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。