エミル1時β終了

 終了しましたですよ。

 五日間ウォーロックをつかってみた感想ですが・・・・なんちゅうか半端な職業かなぁと。
 ウォーロックの特性は「接近戦もできるスペル系」というふうにかかれているのですが、どちらかというと「スペルが使える接近戦職」といった感じです。
 どこで判断したのかというと、覚えられるスキルで判断しました。まず、転職直後に覚えられるスキルである「ブラックウイドゥ」。闇系のスペルで、基本4色に対して万能で使えるので使い勝手がいいスペルです。出だしをみると、スペル系の職業のようなのですが・・・・。次のスペルをいつ覚えるかというと、JOBLV14のマジックスタン、このマジックコンフュージョン、27まで状態異常系のスペルが続き、ようやくJOBLV30で攻撃系スペルのカオスウイドゥを覚えるといった感じです。
 と、いうことはスペルのみで戦っていこうと思うと、すくなくともJOBLV30までは初期スキルであるカオスウイドゥのみでやっていかなければならないことになります。杖、LVでの威力上昇を考えてもこれでは自ずと限界がみえてきます。
 で、ウォーロックの他のスキルをみてみると、接近戦スキルが多いこと多いこと・・・・。PTや憑依でぐいぐい引っ張ってくれる知人がいる、もしくは廃プレイをする人は別かもしれませんが、普通にやってると非常にLVがあげにくいタイプになりそうです。
 LVが上げにくい理由は、特性上ソロ仕様であるという点。まず、打撃特化のタイプを作った場合。同じJOB30まで上げた場合は、確実にソードマンやフェンサーのほうが性能が上です。扱える武器が短剣しかないことと、スキルがソードマンなどに比べると下位のものしか扱えないといった点で不利です。
 スペル特化を作った場合。これもまた純魔法職であるウィザードやシャーマンの下になってしまいます。少なくともカオスウイドゥを覚えるまでは。
 バランス型は・・・・現在MAG極で作っているのですが、それでも魔法の威力がたりていません。バランス型にすることで更にMAGを堕とした場合、魔法の威力が目も当てられないことになりそうです。ので、結局はどちらかに絞った方がよさそうな感じです。魔法はタゲ取りぐらいの感じで。詠唱遅いからなんともですが。

 現在は、ゲームが立ち上がったばかりなので全体的に職業や効率を気にせずわいわいPTを組んでいる状況です(一部既に効率求めている方もいるにはいますが)。が、時間がたってくると今までのMMOを見る限りでは、確実に効率化に走り始めます。そうなってくると、ウォーロックのようなソロ仕様な職業はPTが探しづらくなるかと思われます。

 ソロスタイルのほうが気楽でいい、といった方は問題ないのですが。私のような、PTを組んでみんなでわいわいやるのが好きでMMOをやってる人間にはちょっと耐えられない状況が待ちかまえていそうな感じがします。
 まだβ期なので、スキルやシステムバランスがどうなるかわかりませんが、現状を考えるとちょっときびしそうな職業ですね。

 まぁ・・・・闇属性のスペルが使えるというのが魅力なのでここまでわかっていても変えるつもりはありませんがねぇ(´・ω・`)
 ウォーロックに幸あれ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。